Pocket

初めて農や土に触れる人のための
『土の学校(後期)』募集
※募集定員に達しましたので募集を締切りました

③ レーズドベット(各人の菜園)作りー 大根の種を蒔く場所だけ土を掘り起こします。

④ 土づくりー寝かせていた土+落ち葉堆肥+鶏糞をベッドに入れて混ぜる。

⑤ ベットの土ならし

⑥ ジャガ芋の種植え

⑦ 草マルチ(最初に刈った草をかぶせます)
・土の乾燥を防ぎます
・堆肥になります。

⑧ みんなでパチリ


レイズドベッドの様子(6月25日現在)

② レーズドベット(各人の菜園)

③ レーズドベット(各人の菜園)作りー 大根の種を蒔く場所だけ土を掘り起こします。

④ 土づくりー寝かせていた土+落ち葉堆肥+鶏糞をベッドに入れて混ぜる。

⑤ ベットの土ならし

⑥ ジャガ芋の種植え

⑦ 草マルチ(最初に刈った草をかぶせます)
・土の乾燥を防ぎます
・堆肥になります。

⑧ みんなでパチリ


レイズドベッドの様子(6月25日現在)

「土」って、どうやって出来ているの?
野菜って、どうやって出来るの?
そんな?に答えます。
講師は小さい子ども達に野菜作りを教えてきた横田のおばちゃんです。
4月から始まった『土の学校(前期)』参加者の感想です。
「土作りを通して 生活や暮らしにつながるヒントのようなものが学べた。
畑の周りの雑草を野菜の肥料として生かすなんて、初めて知りました。
自然界で無駄な物は一つもないな、と感じました。」
「講師・横田さんの知恵、知識が何よりも聞けるのが醍醐味です。
横田さんにとっては当たり前、当然と思うことを私たちは知らない💦
へぇ〜と思うことがとにかく毎回あります!
お野菜を持って帰って食べられるのも嬉しいです。
野菜を育てた経験のないド初心者には満足な内容だと思います。
後期も楽しみ。」

  日時 内容
第1回目 8/29(日)10:00~12:30 レイズドベットをしつらえる。土を作って入れる。ジャガ芋植え,草刈り
第2回目 9/12(日)10:00~12:30 大根の種蒔き、わけぎの球根植え、草刈り
第3回目 10/3(日)10:00~12:30 枝豆祭り、草刈り
第4回目 11/7(日)10:00~12:30 大豆の収穫、土作り、草刈り
第5回目 12/5(日)10:00~12:30 ジャガ芋掘り、大根掘り、ワケギ収穫、レイズドベッド土だし

会費:29500円/組(内訳:5000円@5回+種・苗代など2000円+保険代500円@5回)

会費は事前振込でお願いします。
振込口座:
ゆうちょ銀行 記号10300 番号2101421
特定非営利活動法人生活工房つばさ・游 
(他金融機関からの振込の場合は、【店名】〇三八(読みゼロサンハチ)
038 【預金種目】普通預金 【口座番号】0210142
募集:5組(1組5様まで参加可能です)
会場:エディベリ広場 埼玉県比企郡小川町中爪280-3 地図↓
http://edivery.org/abc/
講師:横田須美子さんの『土の学校』にかける想い
霜里農場や下里の有機農家の下で、”学び”で通っています。家の近くで3カ所借りて約100坪で、ほとんど耕運機を入れないで鍬で土を起して、ほとんどの野菜は購入せず、余った場合は干し野菜を作り、農的暮らしを満喫中。現在、市立保育園の農園管理をしています。
直接、農家に学ぶ方が時間が短縮され、ポイントが判りやすかった。そのノウハウを「土の学校」でお伝えします!
土に対する思い:野菜くず、落ち葉、雑草、残飯、米のとぎ汁も全て土に還ります。違いがわかる。有機の野菜は腐らない、柔らかい。を体感して欲しい。野菜の味がする。野菜が溶ける、生命力の違い。それらを体感して欲しい。
参加申込み:以下のフォームからお申し込み下さい。
https://ws.formzu.net/dist/S72116701/
主催・問合せ:NPO生活工房つばさ・游小川里山食農スクールエディベリ 高橋
090-4453-6355


『土の学校だより』 2021年9月号

① まずは草刈りから。この草は後ほど、草マルチとして活用されます。

② レーズドベット(各人の菜園)

③ レーズドベット(各人の菜園)作りー 大根の種を蒔く場所だけ土を掘り起こします。

④ 土づくりー寝かせていた土+落ち葉堆肥+鶏糞をベッドに入れて混ぜる。

⑤ ベットの土ならし

⑥ ジャガ芋の種植え

⑦ 草マルチ(最初に刈った草をかぶせます)
・土の乾燥を防ぎます
・堆肥になります。

⑧ みんなでパチリ


レイズドベッドの様子(6月25日現在)